気ままにrecre

川口にある美容室です^^多毛・広がるクセ・おさまりが悪い…でお困りの方。レクレの特殊なカットでお悩み解消!!

美容室のカラーと市販のカラーって何がどう違うの???

ヘアカラーの種類は大きく分けて3つ

①ブリーチ・・・髪の色素を分解し明るくする。
②ヘアカラー・・・ブリーチ効果で脱色しながら、同時に色素を入れて染めていく。
3ヘアマニキュア・・・爪のマニキュアのように表面に色が付着するだけ。

今回は皆さんがよく使用するヘアカラーについて
説明していきます。

まずは、市販のカラーにも種類があります。

①ムースカラー・泡カラー
 泡状なので全体にムラなく塗りやすい。

②リキッドタイプ
 粘度が柔らかいので自分で塗りやすい。種類やバリエーションが多い。
 白髪染めじゃない明るい感じに染めたい場合は使い勝手がいい。

③クリームタイプ
 使い心地は美容室で使用しているものに近いが、ほとんどの商品が白髪染め



市販のカラー剤全体に言えることは

表面的に染まって見えるからその時はいい。ですが
2週間くらいでほとんど「色ぬけ」します。そう、色が薄くなります。
ご自分で染められてる人の多くが
あまりよくそまらない!
すぐ色が落ちちゃうのよねぇ
と実感しているはず。

また市販のカラー剤には
ムラをごまかすために、コーティング剤などが混ざっているものも
多いので、美容師がパーマや縮毛矯正などをする時の
妨げになり、かかりづらかったり痛みが出過ぎてしまうこともある。

またこれもご自分で染めている方は
必ず実感していることでしょうが

伸びてきた根元にだけにカラー剤を塗るって
とっても難しいですよね。

毎回毎回塗るつもりはなくても毛先にまで
つけてしまい、その結果

毛先に色が重なり、根元より暗くなる
大きな髪のダメージ

につながるのです。
スポンサーサイト

別窓 | 髪のお話 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<とてもシンプルな事 | 気ままにrecre | レクレター発送しましたっ☆>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 気ままにrecre |